医学博士 森田豊のホームページ
トップページ > 学会発表・講演会
トップページ
著書の紹介
テレビ番組等での活動
履歴、受賞歴
研究成果より
掲載雑誌等の紹介
学会発表
論文発表
最近思うこと
森田豊ブログ
過去のブログ
@Doctor_Morita 公式ツイッターはこちらから
facebookはこちらから 登録・ログインが必要です
お問い合わせ 出演などのご依頼は オフィス・トゥー・ワン 03-3586-2661
メールはこちらから
学会発表
BACK   NEXT
1-50   51-100   101-150   151-200   201-250   251-300
51) 森田 豊、林 直樹、大須賀穣、藤原敏博、堤 治、武谷雄二:ダナゾール療法をおこなった月経随伴性気胸の一例、第88回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、松本、1994年10月
52) 森田 豊:月経随伴性気胸、子宮内膜症お茶の水研究会、東京、1994年11月
53) 林 直樹、森田 豊、大須賀穣、堤 治、武谷雄二:顆粒膜細胞腫を合併した子宮筋腫の1症例、第88回日{産科婦人科学会関東連合地方部会総会、松本、1994年10月
54) 丸山正統、森田 豊、藤原敏博、大須賀穣、国府田きよ子、林 直樹、矢野哲、堤 治、金子 実、武谷雄二:不妊患者における子宮内膜症の有無とlaparoscopy施行後の妊娠率との関係、第12回日本受精着床学会、鹿児島、1994年7月
55) 森田 豊、堤 治、高井 泰、定月みゆき、矢野 哲、武谷雄二:マウス初期胚の着床過程に及ぼすプロスタグランディンの意義、第12回日本受精着床学会、鹿児島、1994年7月
56) 島内昌仁、堤 治、森田 豊、藤原敏博、林 直樹、武谷雄二、本藤 徹、菅生元康:IVF-ETにおける卵胞液中グルコース濃度の検討、第110回日本不妊学会関東地方部会、浦和、1994年7月
57) 丸山正統、森田 豊、藤原敏博、大須賀穣、国府田きよ子、林 直樹、武谷雄二:不妊患者における子宮内膜症の有無とlaparoscopy施行後の妊娠率との関係について、第110回日本不妊学会関東地方部会、浦和、1994年7月
58) 森田 豊:EGFと初期胚発育、第4回富士裾野カンファレンス、静岡、1994年5月
59) 堤 治、大須賀穣、森田 豊、藤原敏博、宮内彰人、大須賀穣、林 直樹、矢野 哲、武谷雄二:腹腔鏡による体腔外卵巣嚢腫核出術(laparoscopically assisted extracorporeal cystectomy: LAC)の実際と組織型による成績の比較、第87回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、東京、1994年6月
60) 堤 治、矢野 哲、亀井良政、森田 豊、武谷雄二、Takami Oka :epidermal growth factor(EGF)の妊娠および加令時における子宮発育促進効果とその生理的意義、第67回日本内分泌学会学術総会、1994年 6月
61) 堤 治、伯野直美、原田郁子、森田 豊、武谷雄二:当帰芍薬散によるリトドリンの肝機能障害の予防ー単胎妊娠と多胎妊娠による出現頻度および予防効果の比較、第14回漢方研究会、1994年4月
62) 堤 治、大須賀穣、森田 豊、藤原敏博、武谷雄二:子宮内膜症の腹腔鏡下手術、最近の進歩と将来展望、第34回日本産科婦人科内視鏡学会、東京、1994年8月
63) 森田 豊、堤 治、大須賀穣、武谷雄二:腹腔鏡下骨盤腹膜利用造腟術による先天性腟欠損症の治療、第34回日本産科婦人科内視鏡学会、東京、1994年8月
64) 森田 豊、堤 治、大須賀穣、藤原敏博、林 直樹、矢野 哲、武谷雄二:先V性腟欠損症に対する腹腔鏡下骨盤腹膜利用造腟術、第290回日本産科婦人科学会東京地方部会、東京、1994年5月
65) 森田 豊、藤原敏博、林 直樹、大{賀穣、宮内彰人、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:微小環境培養法を利用したIVF-ETにより妊娠に至った男性不妊の一例、第87回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、東京、1994年6月
66) 森田 豊、細谷岩生、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:マウス初期胚におよびEGFの作用の検討、第46回日本産科婦人科学会、東京、1994年4月
67) 定月みゆき、堤 治、森田 豊、矢野 哲、武谷雄二:activin A およびその結合蛋白follistatinフ卵成熟における局所作用について、第46回日本産科婦人科学会、東京、1994年4月
68) 上原桂子、高井 泰、伯野直美、丸山正統、酒井英明、森田 豊、宮内彰l、大須賀穣、藤原敏博、林 直樹、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:当教室における過去2年間のPercoll-AIHの成績、第107回日本不妊学会関東連合部会、東京、1994年2月
69) 高井 泰、伯野直美、丸山正統、酒井英明、森田 豊、宮内彰人、大須賀穣、藤原敏博、林 直樹、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:当科不妊外来における男性因子の過去20年にわたる検討ー第1報、第107回日本不妊学会関東連合部会、東京、1994年2月
70) 伯野シ美、高井 泰、丸山正統、酒井英明、森田 豊、宮内彰人、大須賀穣、藤原敏博、林 直樹、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:当科不妊外来における妊娠症例の検討、第107回日本不妊学会関東連合部会、東京、1994年2月
71) 丸山正統、伯野直美、高井 泰、酒井英明、森田 豊、宮内彰人、大須賀穣、藤原敏博、林 直樹、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:腹腔鏡所見に対する子宮卵管造影所見の予備診断的有用性、第107回日本不妊学会関東連合部会、東京、1994年2月
72) 秋山千絵、森田 豊、上地博人、岡垣竜吾、藤原敏博、大須賀穣、堤 治、武谷雄二:当科における各種婦人科良性疾患に対する腹腔鏡下手術の現状、第111回日本不妊学会関東地方部会、東京、1995年1月
73) 印牧義英、森田 豊、上原桂子、藤原敏博、大須賀穣、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:当科ノおけるIVF-ET流産例の検討、第111回日本不妊学会関東地方部会、東京、1995年1月
74) 丸山正統、矢野 哲、林 直樹、上エ桂子、森田 豊、藤原敏博、大須賀穣、堤治、武谷雄二:IVF-ETの排卵誘発に対する子宮内膜症症例の卵巣反応性について、第16回エンドメトリオージス研究会、東京、1995年2月
75) Y. Morita, O. Tsutsmi, H. Sakai, Y. Wu and M. Mizuno: Studies of complications after cesarean section---evaluation of 3 cases of pulmonary embolism, First International Congress of Perinatal Medicine, Tokyo, Japan, November, 1991
76) T. Kato, M. Kijima and Y. Morita: Analysis of oocytes, embryos and micro-samples of nervous tissues using ultramicro immunoblotting method. Proceedings of the third conference of the society for chromatographic sciences and allied international symposium on chromatography in biochemistry, Tokyo, Japan, October,1992
77) O. Tsutsumi, Y. Morita, I. Hosoya, T. Ayabe, T. Yano and Y. Taketani: Studies on glucose incorporation and utilization in preimplantation mouse embryos developed in vivo and in vitro. [th World Congress on In Vitro Fertilization and Alternate Assisted Reproduction. Kyoto, Japan, September, 1993
78) Y. Morita, O. Tsutsumi, I. Hosoya and Y. Taketani: Involvement of hormonal condition and aging of the uterus in the establishment of pregnancy by embryo donation. [th World Congress on In Vitro Fertilization and Alternate Assisted Reproduction. Kyoto、Japan, September, 1993
79) O. Tsutsumi, Y. Osuga, Y. Morita, N. Hayashi, T. Yano and Y. Taketani: Application of laparoscopic surgery for the treatment of endometriosis, Wth World Congress of Endoscopic Surgery, Kyoto, Japan, June, 1994
80) Y. Osuga, O. Tsutsumi, Y. Morita, T. Fujiwara, A. Miyauchi, N. Hayashi and Y. Taketani: Laparoscopic management of ovarian cyst with extracorporeal operation, Wth World Congress of Endoscopic Surgery, Kyoto, Japan, June, 1994
81) O. Tsutsumi, Y. Morita, I. Hosoya, T. Yano and Y. Taketani: Epidermal growth factor (EGF) treatment in vitro increases the implantation rate of blastocysts transferred to recipient mice. FIGO 94, World Congress of Gynecology and Obstetrics, Montreal, Canada, September, 1994
82) 秋山千絵、森田 豊、岡垣竜吾、藤原敏博、大須賀穣、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:過去3年間に施行された腹腔鏡下手術症例の検討---特に卵巣嚢腫について、第89回日本産婦人科学会関東連合地方部会、東京、1995年6月
83) 酒井英明、堤 治、森田 豊、三島みさ子、矢野 哲、武谷雄二:子宮体癌におけるinsulin like growth factorT(IGF-T)およびその結合蛋白の意義について、第88回日本内分泌学会学術総会、東京、1995年6月
84) 定月みゆき、堤 治、森田 豊、井上 泰、井上 聡、細井考之、折茂 肇、武谷雄二:アクチビンのヒト卵管および子宮内膜における発現とその意義についての検討、第88回日本内分泌学会学術総会、東京、1995年6月
85) 森田 豊、堤 治、定月みゆき、矢野 哲、武谷雄二:増殖期、分泌期ヒト子宮内膜における糖輸送担体の発現の検討、第47回日本産科婦人科学会、名古屋、1995年4月
86) 飯田 卓、堤 治、森田 豊、武谷雄二:性分化異常症例の分子遺伝学的手法によるgonadoblastomaの遺伝子座位ならびに発症機序の解明、第47回日本産科婦人科学会、名古屋、1995年4月
87) 上地博人、森田 豊、島内昌仁、細谷岩生、堤 治、武谷雄二:初期胚凍結の胚発育能、糖取り込み能におよぼす影響、第36回哺乳動物卵子学会、仙台、1995年5月
88) 上地博人、森田 豊、島内昌仁、細谷岩生、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:凍結融解が初期胚の発育に及ぼす影響の検討、第13回日本受精着床学会、東京、1995年7月
89) 森田 豊、堤 治、定月みゆき、百枝幹雄、綾部琢哉、矢野 哲、武谷雄二:ヒト子宮内膜における糖輸送担体の発現と卵巣ステロイドによる調節、第13回日本受精着床学会、東京、1995年7月
90) 堤 治、岡垣竜吾、原田郁子、丸山正統、森田 豊、大須賀穣、藤原敏博、百枝幹雄、武谷雄二:卵巣刺激幼若豚による腹腔鏡下手術トレーニングシステム開発、第35回日本産科婦人科内視鏡学会、仙台、1995年8月
91) 岡垣竜吾、堤 治、大須賀穣、上地博人、原田郁子、森田 豊、細谷岩生、藤原敏博、百枝幹雄、武谷雄二:当科における腹腔鏡下子宮筋腫核出術、第35回日本産科婦人科内視鏡学会、仙台、1995年8月
92) 百枝幹雄、堤 治、大須賀穣、藤原敏博、森田 豊、岡垣竜吾、和田 修、土屋富士子、武谷雄二:内膜症性嚢胞および皮様嚢腫に対する腹腔鏡下卵巣嚢腫核出術術式の検討、第35回日本産科婦人科内視鏡学会、仙台、1995年8月
93) 上地博人、森田 豊、堤 治、武谷雄二:マウス初期胚の発育能、糖取り込み能を指標とした急速凍結法および超急速凍結法(Vitrification法)の比較、第40回日本不妊学会、山形、1995年10月
94) 定月みゆき、金子 實、堤 治、森田 豊、武谷雄二:アクチビンのヒト子宮内膜における発現とその意義についての検討、第40回日本不妊学会、山形、1995年10月
95) 森田 豊、堤 治、武谷雄二:胚の発育環境と着床能、第40回日本不妊学会シンポジウム、山形、1995年10月
96) 森田 豊、堤 治、末永昭彦、上地博人、武谷雄二:Epidermal growth factor(EGF)がマウス胞胚のtrophoblast spreadingおよび着床に及ぼす作用、第68回日本内分泌学会秋期学術大会、山梨、1995年11月
97) 上地博人、森田 豊、細谷岩生、島内昌仁、塩津英美、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:凍結保存のマウス初期胚の胞胚形成率、糖取り込み量、着床率の発育能に及ぼす影響、第48回日本産科婦人科学会、横浜、1996年4月
98) 島内昌仁、堤 治、森田 豊、上地博人、百枝幹雄、塩津英美、綾部琢哉、矢野 哲、武谷雄二:ラット卵卵丘コンプレックスにおける糖輸送機構とそれに対するepidermal growth factor (EGF)の作用、第14回日本受精着床学会、郡山、1996年7月
99) 富田雅子、塩津英美、五十嵐敏雄、森田 豊、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:腹腔鏡下チョコレート嚢腫核出術における術前Gn-RHアナログ投与の効果、第36回日本産科婦人科内視鏡学会、米子、1996年8月
100) 百枝幹雄、堤 治、末永昭彦、岡垣竜吾、森田 豊、大須賀穣、塩津英美、武谷雄二:当科における腹腔鏡下子宮全摘術の術式と適応、第36回日本産科婦人科内視鏡学会、米子、1996年8月
※国内外、発表予定も含む
1-50   51-100   101-150   151-200   201-250   215-300
BACK   NEXT
このページのトップに戻る
Copyright Dr.Morita all rights reserved.