医学博士 森田 豊のホームページ
トップページ > 論文発表(和文論文)
トップページ
著書の紹介
テレビ番組等での活動
履歴、受賞歴
研究成果より
掲載雑誌等の紹介
学会発表
論文発表
最近思うこと
森田豊ブログ
過去のブログ
@Doctor_Morita 公式ツイッターはこちらから
facebookはこちらから 登録・ログインが必要です
お問い合わせ 出演などのご依頼は オフィス・トゥー・ワン 03-3586-2661
メールはこちらから
論文発表
和文論文英文論文
1)八杉利治、森田 豊、石原智子、五味淵秀人、三橋直樹、桑原慶紀、水野正彦:広汎子宮全摘術および腟全摘を行った Aplastic anemia合併子宮頚癌?a期の一例、日産婦東京地方部会会誌、38(1):38-41、1989
2)相良洋子、森田 豊、矢野 哲、三橋直樹、桑原慶紀、水野正彦:先天性サイトメガロウイルス感染症による胎児水腫の一例、産婦人科の実際、39(4):603-607、 1989
3)森田 豊、梁 善光、大須賀穣、吉川裕之、三橋直樹、水野正彦:睾丸性女性化症候群の一例、日産婦東京地方部会会誌、38(3):325-328、1989
4)森田 豊、高田真一、飯野好明、小島俊行、竹田 省、木下勝之、坂元正一:羊水穿刺後に生じた羊膜索による子宮内胎児死亡の1症例、埼玉県医学会雑誌、25(3):493-496、1990
5)斉藤正博、竹田 省、森田 豊、飯野好明、高田真一、小島俊行、木下勝之、坂元正一:産科異常と妊娠前肥満度及び妊娠中の体重増加との関連について、埼玉県医学会雑誌、25(3):505-509、1990
6)森田 豊、小島俊行、竹田 省、木下勝之、坂元正一:ITP合併妊娠の管理、日本産婦人科学会埼玉地方部会誌、20(2):173-179、1990
7)森田 豊、大神美子、長阪恒樹:子宮頸部、腟壁に発生した悪性リンパ腫の1例、日本産科婦人科学会東京地方部会会誌、40(1):79-83、1991
8)森田 豊、酒井 英明、呉 桜里、堤  治、水野 正彦:帝王切開の術後合併症の検討---肺塞栓症の3症例を中心に、産科と婦人科、58(4):643-648、1991
9)森田 豊、高田真一、飯野好明、小島俊行、竹田 省、木下勝之、坂元正一:羊水穿刺と羊膜索症候群、産科と婦人科、58(6):1007-1011、1991
10)森田 豊、小島俊行、竹田 省、木下勝之、坂元正一、馬場一憲、糸山進次:子宮筋腫および子宮腺筋症に対する術前buserelin投与の子宮漿膜下血管への影響と術中出血量に及ぼす効果、日本産科婦人科学会雑誌、43(2):197-204、1991
11)山田 学、森田 豊、島内昌仁、長阪恒樹:腎瘻造設により疼痛管理が可能となった水腎症合併妊娠の1例、日産婦東京地方部会誌、41(2):160-163、1992
12)細谷岩生、堤 治、森田 豊、綾部啄哉、三橋直樹、武谷雄二、水野正彦、加藤尚彦:マウス初期胚糖取り込み能への成長因子の影響、哺乳類卵子学会雑誌、vol. 9、No.1、119-120、1992
13)森田 豊、堤 治、細谷岩生、武谷雄二、水野正彦、加藤尚彦:ミクロウェスタンブロッティング法によるマウス初期胚の糖輸送担体の解析、哺乳類卵子学会誌、vol 9、No.1、107-108、1992
14)森田 豊、堤 治、武谷雄二、水野正彦:卵の成熟分化にともなうエネルギー代謝の発達、産科と婦人科、59(6):871-876、1992
15)森田 豊、飯野好明、高田真一、小島俊行、竹田 省、木下勝之、坂元正一、糸山進次:シェーグレン症候群合併妊娠と胎児房室ブロック、産科と婦人科、59(2):269-273、1992
16)森田 豊、堤 治、武谷雄二: RTーPCR法による初期胚 mRNAの定量、哺乳動物卵子学会誌、vol 10、No. 1、142-143、1993
17)森田 豊、堤 治、細谷岩生、武谷雄二、加藤尚彦:初期胚における糖輸送担体の発現と糖取り込み能の発達、日本受精着床学会雑誌、第10巻、73-76、1993
18)森田 豊、堤 治、大須賀穣、藤原敏博、林 直樹、矢野 哲、武谷雄二:先天性腟欠損症に対する腹腔鏡下骨盤腹膜利用造腟術、日本産科婦人科学会東京地方部会誌、43(3):357-360、1994
19)石丸咲恵、伊崎誠一、北村啓次郎、森田 豊:新生児エリテマトーゼス----母体へのステロイド投与による房室ブロックの消失を見た1例、臨床皮膚科、45(10):751-755、1991
20)堤 治、森田 豊、亀井良政、武谷雄二:着床前後の卵の発育・分化におけるepidermal growth factorの生理作用、産婦人科の世界、47(1):29-35、1995
21)堤 治、森田 豊、大須賀穣、武谷雄二:腹腔鏡下造腟術による先天性腟欠損症の治療、産婦人科の実際、44(2):215-219、1995
22)森田 豊、大須賀穣、堤 治、武谷雄二:当科における腹腔鏡下手術の工夫---高額なディスポーザブル製品をなるべく用いない手術---、産婦人科の実際、44(6):767-770、1995
23)上地博人、森田 豊、島内昌仁、細谷岩生、堤 治、武谷雄二:初期胚凍結の胚発育能、糖取り込み能におよぼす影響、哺乳動物卵子学会誌、vol 12、No. 1、60、1995
24)堤 治、森田 豊、亀井良政、武谷雄二:epidermal growth factorと生殖内分泌、ホルモンと臨床、43(4):47-53、1995
25)森田 豊、堤 治、武谷雄二:テルグリドによる高プロラクチン血症の治療、臨床婦人科産科、49(11):1542-1543、1995
26)堤 治、上地博人、森田 豊、武谷雄二:初期胚の凍結と発育、産婦人科の世界、48(5):437-441、1996
27)岡垣竜吾、堤 治、大須賀穣、上地博人、原田郁子、森田 豊、細谷岩生、藤原敏博、百枝幹雄、武谷雄二:当科における腹腔鏡下子宮筋腫核出術、日産婦内視鏡学会誌、11(1):196-199、1996
28)堤 治、亀井良政、森田 豊、武谷雄二:初期胚・胎児発育と成長因子、Hormone Frontier in Gynecology、3(4):59-65、1996
29)堤 治、丸山正統、森田 豊、塩津英美、百枝幹雄、矢野 哲、武谷雄二:子宮内膜症不妊に対する腹腔鏡手術の治療効果について、エンドメトリオーシス研究会誌、17:42-46,1996
30)森田 豊、堤 治:最新産婦人科検査指針と検査法----排卵予知、産科と婦人科、64、増刊号、118-119、1997
31)堤 治、丸山正統、森田 豊、塩津英美、百枝幹雄、矢野 哲、武谷雄二:重症子宮内膜症の腹腔鏡下外科治療とGnRH誘導体の術前投与、Highlights of Symposium to the World Congress on Endometriosis、Excerpta Medica, 15-17, 1997
32)森田 豊、堤 治、武谷雄二:シンポジウム「難治性子宮内膜症の治療」性器外子宮内膜症の治療 -----特に肺、胸郭に生じる子宮内膜症について-----、エンドメトリオーシス研究会誌、18:39-43, 1997
33)森田 豊、武谷雄二:内科学(編集主幹:黒川 清、松澤佑次)、女性不妊症へのアプローチ、文光堂、1246-1248、1999
34)高井 泰、森田 豊、亀井良政、堤 治:胚発育と成長因子、産婦人科の世界、52:37-42、2000
35)森田 豊、堤 治:不妊・不育症対策、排卵予知診断法、日本産科婦人科学会雑誌、51(12):N505-N506、1999
36)森田 豊、J. L. Tilly, 武谷雄二:性腺におけるagingと性差「卵子の成長成熟のメカニズム」、性差医学 No.7、メディカルセンス、26-34、2001
37)森田 豊:卵細胞のアポトーシスとスフィンゴミエリン経路(カレントトピックス)、実験医学、19:59-61、2001
38)和田 修、瀧澤聡子、藤本晃久、森田 豊、藤原敏博、久具宏司、矢野 哲、堤 治、武谷雄二、太田千足:経頚管的に切除した粘膜下子宮筋腫の1症例、第319回日本産科婦人科学会東京地方部会会誌、50:436-439、2001
39)森田 豊、久具宏司、堤 治、武谷雄二:胎児期における卵子数調節機序、Annual Review 内分泌、代謝2002、中外医学社、59-65、2002
40)森田 豊、堤 治、武谷雄二:これからの医療における術前評価とクリティカルパス・糖尿病合併患者の術前評価と対策、産婦人科の世界、54:37-43、2002
41)森田 豊:薬学師・薬学生のための臨床医学、子宮筋腫、矢崎義雄編、文光堂、1105-1107、2005
42)熊耳敦子、中村弘治、丸茂元三、森田 豊、藤孝一郎、大橋浩文、山本幸彦、江部道夫、加藤繁:流産後40日目に自然娩出された癒着胎盤の1例、日本産科婦人科学会東京地方部会会誌、52(4) :595-599、2003
43)森田 豊:女性の性・生殖機能およびその障害の理解、クリニカルスタディ、メヂカルフレンド社、25(2):4-9、2004
44)森田 豊:疾患と治療の基礎知識・子宮筋腫、クリニカルスタディ、メヂカルフレンド社、25(2):41-48、2004
45)中村弘治、森田 豊、熊耳敦子、疋田裕美、丸茂元三、藤孝一郎、江部道夫、山本幸彦、大橋浩文、加藤繁:悪性疾患との鑑別を要したMeigs症候群の一例、産科と婦人科、72(1):115-118、2005
46)中村弘治、牛嶋順子、上田万莉、疋田裕美、石田友彦、藤 孝一郎、山本幸彦、丸茂元三、森田 豊、大橋浩文:腹腔鏡下手術で治療をおこなった原発性腹膜妊娠の1例、日本産科婦人科学会東京地方部会会誌、54(1):37-40、2005
47)森田 豊、疋田裕美、丸茂元三、中村弘治、牛島順子、上田万莉、石田友彦、藤孝一郎、山本幸彦、大橋浩文、伊藤直記:子宮筋腫に対する日帰り集束超音波治療:日本産科婦人科学会東京地方部会雑誌、54(2):135-138、2005
48)中村弘治、森田 豊、牛島順子、疋田裕美、上田万莉、石田友彦、藤孝一郎、山本幸彦、丸茂元三、大橋浩文:外陰部潰瘍と虹彩炎を呈しBehcet病不全型と診断した12歳女児の一例、産科と婦人科、72(4):518-523、2005
49)中村弘治、森田 豊、竹内沢子、杉山直子、牛島順子、疋田裕美、上田万莉、石田友彦、藤孝一郎、山本幸彦、丸茂元三、大橋浩文、山中太郎、松山秀樹:子宮全摘後の腟脱、小腸脱および小腸穿孔の1例:日本産科婦人科学会東京地方部会雑誌、54(4):522-525、2006
50)森田 豊、ARTマニュアル:卵形成の分子機構、森崇英、久保春海、岡村均、編集、永井書店、422-425、2006
51)疋田裕美、森田 豊、石田友彦、井村昌義、中村弘治、難波直子、竹内沢子、上田万莉、藤孝一郎、山本幸彦、丸茂元三、大橋浩文:妊娠中に妊娠高血圧症候群を伴わず産褥期に突然発症したHELLP症候群の1例、日本産科婦人科学会東京地方部会誌、55(2):209-213、2006
52)森田 豊:病院めぐり、板橋中央総合病院、臨床婦人科産科、60(8):1122、2006
53)疋田裕美、森田 豊、井村昌義、中村弘治、難波直子、竹内沢子、上田万莉、石田友彦、藤孝一郎、山本幸彦、丸茂元三、大橋浩文: 62才で急性腹症を生じた漿膜下筋腫茎捻転の一例、日本産科婦人科学会東京地方部会会誌、55(3):319-321、2006
54)森田 豊:集束超音波について、日本生体電気刺激研究会誌、vol.20、39、2006
55)森田 豊、大橋浩文:当院における子宮筋腫に対する集束超音波療法の治療成績、産婦人科の実際、55(12): 2067-2071、2006
56)森田 豊、竹内沢子、中村弘治、疋田裕美、難波直子、上田万莉、石田友彦、藤孝一郎、山本幸彦、丸茂元三、大橋浩文、伊藤直記、釜野剛、垣内秀雄:子宮筋腫に対する日帰り集束超音波治療と当院における治療成績、日本産科婦人科学会東京地方部会誌、55(4):516-520、2006
57)丸茂元三、森田 豊、上田万莉、間瀬徳光、難波直子、岩見菜々子、中村弘治、竹内沢子、疋田裕美、石田友彦、藤孝一郎、山本幸彦、大橋浩文:4次元超音波外来が妊婦および家族に及ぼす心理的影響、日本産婦人科学会東京地方部会、56(3):355-360、2007
58)森田 豊:もうがまんしない!女性特有の病気。ゴマブックス、2007
59)森田 豊:貧血と子宮筋腫、治療 89:(10):2803-2808、2007
60)森田 豊:子宮筋腫の治療、集束超音波療法、平松祐司編集、104-109、メディカルビュー社、2008
61)森田 豊:子宮筋腫の最近の治療、アニムス48:33-36、2007
62)森田 豊、間瀬徳光、難波直子、岩見菜々子、竹内沢子、疋田裕美、上田万莉、石田友彦、藤孝一郎、山本幸彦、丸茂元三、大橋浩文:子宮筋腫の低侵襲治療法---集束超音波療法---、産婦人科治療 96:(2):217-221、2008
63)森田 豊:産科医が消える前に-----現役医師が描く危機回避のシナリオ、朝日新聞出版、2008
64)石田友彦、間瀬徳光、室本仁、難波直子、岩見菜々子、竹内沢子、上田万莉、疋田裕美、藤孝一郎、山本幸彦、丸茂元三、森田 豊、大橋浩文:卵巣妊娠に対する腹腔鏡下手術の1例、日本産科婦人科学会東京地方部会会誌、57(3):321-323、2008
65)釜野 剛、平林省二、森田 豊、竹内沢子:陥凹型ジェルパッドによる子宮筋腫の集束超音波治療経験、臨床放射線、53(5):703-707、2008
66)室本 仁、石田友彦、間瀬徳光、難波直子、岩見菜々子、秋野亮介、竹内沢子、上田万莉、疋田裕美、山本幸彦、丸茂元三、森田 豊、大橋浩文:卵管間質部妊娠に対する腹腔鏡下手術の1例、第348回日本産科婦人科学会東京地方部会会誌、58(1):108-111、2009
67)難波直子、室本 仁、間瀬徳光、岩見菜々子、竹内沢子、疋田裕美、上田万莉、山本幸彦、石田友彦、丸茂元三、森田 豊、大橋浩文:GnRHアナログ投与により筋層内筋腫が筋腫分娩に至った一例、産科と婦人科、76(5):624-627、2009
68)森田 豊、内田紗知、室本 仁、間瀬徳光、難波直子、岩見菜々子:特集/産婦人科専攻医の研修、何を教える?何を学ぶ?、子宮筋腫の診断、治療の適応と方法、産科と婦人科、76(7):838-842、2009
69)岩見菜々子、室本 仁、間瀬徳光、難波直子、竹内沢子、疋田裕美、上田万莉、藤孝一郎、山本幸彦、石田友彦、丸茂元三、森田 豊、大橋浩文:子宮筋腫表在血管の破綻が原因と考えられた腹腔内出血の一例、産科と婦人科、76(9):1142-1146、2009
70)上田万莉、室本 仁、間瀬徳光、難波直子、岩見菜々子、竹内沢子、疋田裕美、藤孝一郎、山本幸彦、石田友彦、丸茂元三、森田 豊、大橋浩文:子宮脱用リングペッサリー抜去困難の2症例、産科と婦人科、76(7):879-881、2009
71)室本 仁、森田 豊、岩見菜々子、内田紗知、間瀬徳光、難波直子、西原聖子、竹内沢子、上田万莉、疋田裕美、石田友彦、山本幸彦、丸茂元三、大橋浩文:極めて早期に診断し、MTX全身投与にて完治した頸管妊娠の1例、日本産科婦人科学会東京地方部会会誌、58(3):342-345、2009
72)森田 豊、ヒト胎生期の卵子アポトーシス:卵子学(森 崇英編集)、京都大学学術出版会、2011
73)森田 豊:子宮筋腫に対するExAblate 2000の使用経験と効果、GE today in Technology、32:13-14、2009
74) 丸茂元三、森田 豊、内田紗知、室本 仁、難波直子、間瀬徳光、竹内沢子、疋田裕美、上田万莉、山本幸彦、石田友彦、大橋浩文:骨盤位に対する膝胸位指導の有用性、産婦人科治療、100(1):99-103、2010
75) 上田万莉、森田 豊、小池ひとみ、内田紗知、室本 仁、難波直子、間瀬徳光、竹内沢子、疋田裕美、石田友彦、丸茂元三、大橋弘文:当院における有茎性漿膜下筋腫茎捻転症例の検討、日本産科婦人科学会東京地方部会会誌、59(3):334-339、2010
76) 大橋浩文、小池ひとみ、村木紗知、室本 仁、間瀬徳光、難波直子、竹内沢子、上田万莉、疋田裕美、石田友彦、丸茂元三、森田 豊:子宮頸部初期病変の診断におけるLEEP円錐切除術の臨床的検討、日本産科婦人科学会東京地方部会会誌、60(1):202-207、2011
77) 村木紗知、疋田裕美、石田友彦、森田 豊:UAE後の子宮筋腫に感染を生じ、肝機能障害を併発した1例、臨床婦人科産科、65(7):956-959、2011
78) 村木紗知、間瀬徳光、阿部一也、小池ひとみ、難波直子、上田万莉、疋田裕美、大橋浩文、丸茂元三、森田 豊、石田友彦:急速な進行を示した子宮原発の悪性間葉腫の1例、産科と婦人科、79(5):649-653、2012
※掲載予定も含む
和文論文    英文論文
このページのトップに戻る
Copyright Dr.Morita all rights reserved.