医学博士 森田豊のホームページ
トップページ > 学会発表・講演会
トップページ
著書の紹介
テレビ番組等での活動
履歴、受賞歴
研究成果より
掲載雑誌等の紹介
学会発表
論文発表
最近思うこと
森田豊ブログ
過去のブログ
@Doctor_Morita 公式ツイッターはこちらから
facebookはこちらから 登録・ログインが必要です
お問い合わせ 出演などのご依頼は オフィス・トゥー・ワン 03-3586-2661
メールはこちらから
学会発表
BACK   NEXT
1-50   51-100   101-150   151-200   201-250   251-300
101) 森田 豊、堤 治、末永昭彦、岡垣竜吾、大須賀穣、百枝幹雄、武谷雄二:腹腔鏡下骨盤腹膜利用造腟術を行った先天性腟欠損症の4症例、第36回日本産科婦人科内視鏡学会、米子、1996年8月
102) 五十嵐敏雄、堤 治、末永昭彦、岡垣竜吾、森田 豊、百枝幹雄、武谷雄二:月経困難症におけるLUNA (Laparoscopic Uterosacral Nerve Ablation)の効果の検討、第36回日本産科婦人科内視鏡学会、米子、1996年8月
103) 末永昭彦、堤 治、森田 豊、塩津英美、百枝幹雄、武谷雄二:当科における子宮筋腫核出術の術式と適応、第36回日本産科婦人科内視鏡学会、米子、1996年8月
104) 堤 治、森田 豊、大須賀穣、塩津英美、百枝幹雄、武谷雄二:当科における腹腔鏡下手術の教育とトレーニングシステム、第36回日本産科婦人科内視鏡学会、米子、1996年8月
105) M. Maruyama, T. Yano, Y. Morita, H. Shiozu, M. Momoeda, O. Tsutsumi and Y. Taketani: Effect of ovarian cystectomy on outcome of IVF-ET treatment in endometriosis patients. Xth World Congress of Endometriosis, Yokohama, Japan, October, 1996
106) O. Tsutsumi, M. Maruyama, Y. Morita, Y. Shiotsu, M. Momoeda, T. Yano and Y. Taketani: Gonadotropin-releasing hormone agonist as preoperative preparation for laparoscopic surgery in patients with severe endometriosis. Xth World Congress of Endometriosis, Yokohama, Japan, October, 1996
107) Y. Morita, O. Tsutsumi, M. Momoeda, T. Yano and Y. Taketani: Successful treatment of catamenial pneumothorax with danazol. Xth World Congress of Endometriosis, Yokohama, Japan, October, 1996
108) 日景茂樹、森田 豊、上地博人、中田真木、荻野雅弘:バルトリン腺に生じた腺様嚢胞癌(adenoid cystic carcinoma)の1例、第91回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、東京、1996年6月
109) 丸山正統、矢野 哲、末永昭彦、岡垣竜吾、藤原敏博、森田 豊、塩津英美、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:卵巣嚢腫核出後のIVF排卵誘発に対する影響の検討、第14回日本受精着床学会、福島、1996年7月
110) 島内昌仁、堤 治、森田 豊、上地博人、百枝幹雄、塩津英美、綾部琢哉、矢野 哲、武谷雄二:ラット卵卵丘コンプレックスにおける糖輸送機構とそれに対するepidermal growth factor(EGF)の作用、第14回日本受精着床学会、福島、1996年7月
111) 末永昭彦、森田 豊、堤 治、百枝幹雄、武谷雄二:マウス培養胚盤胞に対するepidermal growth factorの影響、第14回日本受精着床学会、福島、1996年7月
112) 五十嵐敏雄、森田 豊、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:性分化および性腺異常症例に対する腹腔鏡下手術、第41回日本不妊学会、徳島、1996年11月
113) 蔵持和也、森田 豊、堤 治、百枝幹雄、吉川裕之、武谷雄二:腹腔鏡下手術に成功した原発性腹膜妊娠の一例、第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、横浜、1996年10月
114) 志賀かをり、森田 豊、草鹿砥千絵、末永昭彦、五十嵐敏雄、百枝幹雄、堤治、武谷雄二:当科における婦人科良性疾患に対する腹腔鏡下手術、第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、横浜、1996年10月
115) 坂巻 健、森田 豊、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:腹腔鏡下子宮全摘術の術式の選択、第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、横浜、1996年10月
116) 黒澤貴子、末永昭彦、五十嵐敏雄、森田 豊、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:当科における卵巣嚢腫に対する腹腔鏡下手術、第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、横浜、1996年10月
117) 花田信継、金森圭司、蔵持和也、森田 豊、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:当科における子宮外妊娠の腹腔鏡下手術、第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、横浜、1996年10月
118) 佐藤昌子、末永昭彦、森田 豊、塩津英美、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:当科における子宮筋腫核出術への腹腔鏡下手術の応用について、第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、横浜、1996年10月
119) 百枝幹雄、森田 豊、塩津英美、堤 治、武谷雄二:子宮筋腫に対する内視鏡下手術術式の選択、第9回日本内視鏡外科学会総会、東京、1996年12月
120) 森田 豊、志賀かをり、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:婦人科良性疾患に対する腹腔鏡下手術、第9回日本内視鏡外科学会総会、東京、1996年12月
121) 金森圭司、花田信継、蔵持和也、森田 豊、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:子宮外妊娠の腹腔鏡下手術、第9回日本内視鏡外科学会総会、東京、1996年12月
122) M. Sadatsuki, O. Tsutsumi, Y. Morita, M. Shimauchi, S-G. Liang, K. Aisaka, M. Kaibara, Y. Etoh and Y. Taketani: Activin A promotes blastocyst formation and improves the viability of the preimplantation mouse embryo. International Conference on Inhibin, Activin, Follistatin, Recent Advanes and Future Views, Serono Symposia, Tokushima, Japan, November, 1996
123) 堀越嗣博、末永昭彦、森田 豊、塩津英美、百枝幹雄、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:2mm径腹腔鏡下手術システムの使用経験、第115回日本不妊学会関東地方部会、東京、1997年2月
124) 高本真弥、末永昭彦、森田 豊、塩津英美、百枝幹雄、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:子宮筋腫、子宮内膜症に対するLH-RHアナログの術前投与の効果、第115回日本不妊学会関東地方部会、東京、1997年2月
125) 印牧義英、森田 豊、塩津英美、百枝幹雄、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:2mm径腹腔鏡システムの有用性の検討、第93回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、東京、1997年6月
126) 金森圭司、花田信継、森田 豊、塩津英美、百枝幹雄、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:子宮外妊娠の術後管理におけるprogesterone値測定の意義、第93回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、東京、1997年6月
127) 塩津英美、堤 治、末永昭彦、森田 豊、百枝幹雄、武谷雄二:laparoscopically assisted myomectomy(LAM)による子宮筋腫核出術の臨床的有用性について、第93回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、東京、1997年6月
128) 花田信継、森田 豊、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:当科における婦人科良性疾患に対する腹腔鏡下手術、第93回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、東京、1997年6月
129) 柴田有紀子、塩津英美、末永昭彦、森田 豊、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:当科における子宮鏡下手術の現況、第93回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会、東京、1997年6月
130) 五十嵐敏雄、森田 豊、百枝幹雄、堤 治、武谷雄二:性分化異常症例に対する腹腔鏡下手術、第6回性差医学研究会、横浜、1997年3月
131) 三島みさ子、神保春子、矢野直美、森田 豊、矢野 哲、吉川裕之、武谷雄二:ソマトスタチンアナログRC-160による子宮内膜癌細胞株への増殖抑制効果について、第49回日本産科婦人科学会、東京、1997年4月
132) O. Tsutsumi, Y. Morita, A. Suenaga, A. Fujimoto, Y. Takai, M. Momoeda, T. Yano and Y. Taketani: Factors influencing embryo quality and viability in preimplantation period. ]th World Congress on In Vitro Fertilization and Alternate Assisted Reproduction. Vancouver, Canada, May, 1997.
133) 森田 豊:性器外子宮内膜症の治療、第18回エンドメトリオーシス研究会シンポジウム、東京、1997年6月
134) 森田 豊:初期胚の形態・機能とQuality。第42回日本不妊学会総会フロンティアシンポジウム、東京、1997年11月
135) Y. Morita, T. M. Manganaro, X.-J. Tao, S. Martimbeau, P. K. Donahoe and J. L. Tilly: Combined actions of stem cell factor (SCF) and leukemia inhibitory factor (LIF) are required to inhibit apoptosis in oogonia/oocytes of cultured fetal mouse ovaries. 80th Annual Meeting of the Endocrine Society, New Orleans, USA, June, 1998
136) Y. Morita and J. L. Tilly: Transforming growth factor-β is proapoptotic in fetal and postnatal ovaries. 16th World Congress on Fertility and Sterility and 54th Annual Meeting of the American Society for Reproductive Medicine, San Francisco, USA, October, 1998
137) Y. Morita, G. I. Perez, D. V. Maravei, K. I. Tilly and J. L. Tilly: Targeted expression of Bcl-2 in mouse oocytes prevents apoptosis. 46th Annual Scientific Meeting of the Society for Gynecologic Investigation, Atlanta, USA, March, 1999
138) Y. Morita, G. I. Perez and J. L. Tilly: Caspases are required for germ cell apoptosis during mouse fetal ovarian development. 46th Annual Scientific Meeting of the Society for Gynecologic Investigation, Atlanta, USA, March, 1999 (Recived a SGI President's Presenter's Award)
139) Y. Morita, S. Miranda, G. I. Perez, R. N. Kolesnick, E. H. Schuchman and J. L. Tilly: Acid sphingomyelinase and ceramide are required for developmental death of female germ cells. Keystone Symposia conference on Apoptosis and Programmed Cell Death, Colorado, USA, April, 1999
140) Y. Morita, J. L. Tilly, S. Wang, L. Bergeron, G. I. Perez, J. A. Flaws and J. Yuan: Caspase-11 and caspase-2 function in a linear pathway to regulate fetal ovarian germ cell survival. Keystone Symposia conference on Apoptosis and Programmed Cell Death, Colorado, USA, April, 1999
141) J. L. Tilly, R. Robles, Y. Morita and G. I. Perez: Genetics of oocyte apoptosis:end to menopause? Keystone Symposia conference on Apoptosis and Programmed Cell Death, Colorado, USA, April, 1999
142) R. Robles, Y. Morita, K. K. Mann, G. I. Perez, S. Yang, T. Matikainen, D. H. Sherr and J. L. Tilly: Oocyte death during female gametogenesis requires the aryl hydrocarbon receptor. Third Cold Spring Harbor Meeting on Programmed Cell Death, Cold Spring Harvor, USA, September, 1999
143) 森田 豊、J. L. Tilly、堤 治、武谷雄二:出生前卵巣におけるアポトーシス----卵子の成長成熟のメカニズム、第92回日本繁殖生物学会シンポジウム、仙台、1999年9月
144) 堤 治、森田 豊、島内昌仁、末永昭彦、武谷雄二:シンポジウム発生・分化とその制御、初期胚発生とその制御、第92回日本繁殖生物学会・生殖内分泌学会ジョイントシンポジウム、仙台、1999年9月
145) 森田 豊、J. L. Tilly、矢野 哲、堤 治、武谷雄二:卵子の成長成熟のメカニズム、第9回性差医学研究会シンポジウム、東京、2000年3月
146) Y. Morita, F. Paris, G. I. Perez, R. N. Kolesnick and J. L. Tilly: Protection of the ovary from radiation-induced damage by small molecule therapy in vivo. 47th Annual Scientific Meeting of the Society for Gynecologic Investigation, Chicago, USA, March, 2000
147) D. V. Maravei, Y. Morita, S. Wang, L. Bergeron, J. Yuan and J. L. Tilly: Caspase-2-deficiency rescues female gametogenic failure resulting from cytokine insufficiency but not meiotic defects. 47th Annual Scientific Meeting of the Society for Gynecologic Investigation, Chicago, USA, March, 2000 (Recived a SGI President's Presenter's Award)
148) J. L. Tilly, Y. Morita, D. V. Maravei, T. Matikainen and G. I. Perez: Genetic control of apoptosis in oocytes. 5th International Turner Symposium-Optimizing Health Care for Turner Patients in the 21st Century Naples, Italy, March, 2000
149) D. V. Maravei, A. Ross, K. Waymire, Y. Morita, R. Robles, S. J. Korsmeyer, G. R. MacGregor and J. L. Tilly: Bax gene inactivation rescues gametogenic failure caused by Bcl-w-deficiency but not ataxia telangiectasia mutated (ATM) gene knockout. 82nd Annual Meeting of the Endocrine Society, Toronto, Canada, June, 2000
150) 辻内陽子、石山 巧、森田 豊、木戸道子、小泉佳男、竹内 亨、西井 修、小島俊行、加藤賢朗、堤 治、長田 理、上地 富、田上 恵:不妊症患者の腹腔鏡下手術におけるラリンゲルマスクの有用性、第121回日本不妊学会関東地方部会、東京、2000年2月
※国内外、発表予定も含む
1-50   51-100   101-150   151-200   201-250   215-300
BACK   NEXT
このページのトップに戻る
Copyright Dr.Morita all rights reserved.